イースタン観戦(その3)

  • 2018.08.12 Sunday
  • 23:00

暑い日が続くので、デーゲームは嫌。で、ファームのスケジュールを見ると、メットライフドームでナイターがある。これが一番と思い、所沢まで足を伸ばしました。入場券売り場には列ができていましたが、入場開始前にチケットを買って、三塁側(西武側)の入口前に並びました。ここから、上り坂を上って、スタンドにたどり着くのがメットライフドームの構造。フィールドシート以外は、自由席だったので、一軍ではシーズンシートになっているネット裏の席を取りました。

 

 


ベイスターズの先発オーダーは、

右 関根

左 楠本

指 乙坂

中 細川
一 中川大

二 山下

三 飛雄馬

捕 戸柱

遊 狩野
 

ピッチャーは、中川虎(5回3失点)−平田(1回0失点)−福地(0回1/30失点)−国吉(0回2/30失点)−田村(1回 0失点)−武藤(1回0失点)

 

西武の先発は2015年には11勝している十亀でしたので、ベイスターズにとっては苦しそうな展開でしたが、1回に乙坂が2ランを放ち、いけるかなという気にさせられましたが・・・

 

1回裏に先頭の金子侑にセンター前ヒットを打たれると、ワイルドピッチ2つの後、2番山田にホームランで同点先が思いやられましたが、1回はその後は3人で押さえ、2回も四球のランナーを返されましたが1点ですませました。その後は、3、4、5と三者凡退。思いの外いいピッチング。来季は育成から上がってこられるか?

 

一方、十亀はそもそも調整登板だったのか3回で降板。その後1回ずつ3人のピッチャーが投げて、7回は大石。ドラフトでは、6球団競合の末西武に入り、リリーフとして活躍していましたが、今日はその陰もなく、球が来てないのは見ていてもわかるほど、四球とヒットで同点にされたところで交代、さらに、関根、楠本のヒットで2点を返して、5−3になりました。

 

ベイスターズは、3人目の福地がピンチを作りましたが、代わった国吉がしっかり抑えて、9回まで失点なし、特筆すべきは1イニングを2三振と二ゴロで抑えた育成上がりの田村のピッチング。1軍に上がるかも知れません。

 

一方西武の最終回は増田。1軍で抑えもまかされていたピッチャーですが、現在調整中。1イニング無失点でしたが、関根、楠本、白根にヒットを打たれているようでは。。。

 

ベイスターズよりもライオンズの投手陣が気になってい待った試合でした。


 

イースタン観戦(その2)

  • 2018.06.17 Sunday
  • 23:00

今日も東京ヤクルト戦を見てきました。4連続でヤクルト戦の観戦です。

チケットはすぐ買えたものの、入場に15分ほど並びました。なぜなら、DBスターマンとタッチをしないと入場できなかったからです(笑)。今日も観客は、2,365人となかなかの入りでした。

 


ベイスターズの先発オーダーは、

二 石川

遊 大河

右 荒波

左 細川
指 白根

一 網谷

中 青柳

捕 山本

三 狩野
 

ピッチャーは、寺田(2回2/32失点)−野川(1回1/30失点)−笠井(1回0失点)−中川虎(1回0失点)−田中(1回 0失点)−エスコバー(1回0失点)−田村(1回0失点)

 

先発寺田は、三重大に進学したものの、もっとちゃんと野球がやりたいと中退して、筑波大に再入学して(その選択になるか?、頭はいいのはわかるけど)、卒業後さらに野球がやりたいと独立リーグに言った変わり者。希望枠の新人と言っては失礼でしょうか。セットポジションから常にクイック気味で投げるというどう見ても先発型でない投手が、先発したことで今日の試合の見込みは立っていたのですが・・・

 

2回に4番村上に大きなホームランを打たれて、3回に1番山崎にタイムリースリーベースを打たれた後、左打者が続くところで、左の野川にスイッチしました。野川も公立高校出身で、大学、社会人を経てプロ入りをしているので、希望枠の臭いがしますが、そこは1軍経験は伊達ではなく、回をまたいで出塁を許さずに交代しました。

 

次は、早大の野球部を2日でやめた紹介されている笠井・・・2年目ですが、やっぱり希望枠の臭いがするピッチャー。先頭打者に四球を出しましたが、その後は押さえました。そして、育成枠の中川虎が出てきて、危なげながらも速球で三振を取って切り抜けた後は、タナケン。

 

さすがにものが違いました。ぴしゃりと7球で三者凡退を作ってくれました。2軍でいくら投げても仕方がないので、1軍で投げさせた方がいいよ。エスコバーもツーベースは打たれたものの、しっかり押さえて、最後は育成の田村が押さえました。これだけ、ザ・2軍のピッチャーが投げて2失点は、ある意味すごいかも。

 

しかし、打線がヤクルト高橋に押さえられて、完封リレーをされてしまっては勝つことができません。外野に飛んだヒットらしいヒットは、荒波と白根の1本ずつだけでした。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

横浜DeNAベイスターズGame Diary(2018)
価格:1199円(税込、送料無料) (2018/6/20時点)

 

 

イースタン観戦(その1)

  • 2018.04.21 Saturday
  • 23:00

今季初の試合観戦に、追浜に行ってきました。1時間以上前に球場に着いていたのに、入場券売り場が長蛇の列。1時間15分待って、試合開始とほぼ同時にスタンドに入ることが出来ました。ちなみに観客は2,300人ほど。外野の開放も無し。なぜこんなに並んだんだ?イベントやってたから?かなり謎です。対戦相手は、東京ヤクルトでした。

 


ベイスターズの先発オーダーは、

中 荒波

二 石川

右 梶谷
指 細川

左 楠本

三 山下

一 網谷

捕 山本

遊 大河
 

ピッチャーは、石田(5回2失点)−武藤(1回 2失点)−田中(1回 0失点)−平田(2回 2失点)

 

先発石田は、一軍ローテーションの調整だったはずなのだが、3回にエラーの後崩れて2失点。四死球も3つでボークもありと、開幕投手らしくない調子。このまま二軍で調整となりそう。5回にヤクルトの先発、館山から梶谷の2点タイムリーで同点とするものの、武藤が打たれて勝ち越しを許し、9回には2イニング目の平田が四球を連発した後、野選とスクイズでダメおしを許して、ほぼ完敗。

 

 

 

イースタン観戦(その2)

  • 2017.05.27 Saturday
  • 23:00

良い天気に誘われて、大和スタジアムでの東京ヤクルト戦を観戦してきました。

ベイスターズの先発オーダーは、

中 関根

左 乙坂

三 白崎
指 佐野

二 エリアン

遊 山下

右 細川

捕 西森

一 網谷
 

一回にエリアンの犠牲フライで1点を先制し、3回に白崎と佐野がソロホームランを連発して2点を取りました。佐野は2号ホームランと言う事なので、この前の平塚での試合以外は撃っていないという事です。もうちょっと打ってそうなんだけど・・・

 

ピッチャー 平良(8回1失点)−大原(0回1/3 1失点)−進藤(0回2/3 0失点)


平良は、育成選手の大村にホームランを打たれましたが、8回まで好投です。9回は大原がバタバタして、進藤が押出しをしてと、冷や冷やしましたが、何とか終わりました。大原は、一頃のピッチングには遠く及んでいません。

 

ちなみに、スワローズの先発オーレンドルフは、5回3失点では、このまま1軍には上がれなさそう。もっと酷いのは、グリーンで、2軍でさえ巨大(重量級)扇風機の様相でした。

久々の大和スタジアムでしたが、交通の便が良いんですよね。設備も、横須賀と遜色ないし、もっと試合をやってくれるといいのですが。

 

 

 

イースタン観戦(その1)

  • 2017.04.29 Saturday
  • 20:47

バッティングパレス相石スタジアムひらつかでの東京ヤクルト戦を観戦してきました。

ベイスターズの先発オーダーは、
遊 白崎
右 佐野
三 宮
左 白根
指 シリアコ
捕 黒羽根
中 青柳
一 網谷
二 松尾

この中でルーキーの佐野が3回にタイムリー二塁打(多分、風が無ければホームラン)と、7回にソロホームランと大活躍でした。宮、白根も奮起が必要そうです。

 

ピッチャー 三嶋(7回2失点)−高崎(1回0失点)−藤岡(1回0失点)


ベイスターズのピッチャーは、三嶋は、初回に3連打+青柳の後逸も絡んで2点を取られた後は、7回まで危ない所もなく、6安打2失点。その後は、高崎と藤岡が1回ずつを押さえました。3人とも良い感じです。

 

結果は、5対2で勝利です。スワローズのルーキー寺島が1回だけ投げて、降板したのが気になりました。ピッチングそのものは変わった所は無かったのですが・・・その後のオーレンドルフは、7回5失点では不安ですよね。

 

 

 

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM